小児耳鼻咽喉科

小児耳鼻咽喉科について

一言で耳鼻咽喉科の診療と言っても大人の方と子供の患者さんでは、身体の発達具合や、免疫機能の違いから診療内容が異なります。

当院では小児診療にあたって以下のような点について特別に配慮をしております。

  • 抗菌薬(抗生物質)の使用について
  • 耳掃除(耳垢)について
  • 鼻吸い(鼻水の吸引)について

抗菌薬(抗生物質)の使用について

子供は大人に比べて体力が弱いことや、上手く表現ができないため、症状を早期に抑えてあげたいと考えています。
そのため抗菌薬の適応がある場合は処方し、早期の症状改善を目指します。
ただし、抗菌薬はウイルス性の病気には効果が無く、細菌性の病気でも細菌の種類と抗生剤の種類によっては効果の有無が異なりますので、何らかの感染が疑われる場合は菌の種類を特定する検査を積極的に行い、無用な抗生剤の使用はしないように心がけています。

実際の診察にあたっては、「抗菌薬を使用して欲しい」「抗菌薬はできる限り使用して欲しくない」というような保護者の方のご希望も伺った上で、医師として処方を決定しますのでご希望がある場合はお申し出ください。

耳掃除(耳垢)について

耳の中の皮膚は弱く、大人の方でも頻回に耳掃除をすると外耳道炎という病気になることがあります。
子供の耳の中の皮膚はより繊細で、穴自体も小さい上、暴れることがあるのでご家庭での耳掃除は皮膚を傷つける恐れや外耳道炎になる恐れがあります。
ですからご自宅では耳の穴の入り口付近を優しく拭いてあげる程度にされることをお勧めしています。

当院では顕微鏡を使用して耳の中をライトで照らしながら専用の器具を用いて耳垢を取り除きますので、子供の耳垢が気になるという場合はお気軽にご来院ください。

鼻吸い(鼻水の吸引)について

大人も子供も鼻と耳が耳管という管で繋がっています。子供は成長段階にあるため耳管が太く、傾きもゆるやかなため、風邪などをひいた時に鼻やのどにいる細菌が耳管を通って耳に入りやすく容易に中耳炎にかかります。
また、鼻水は子供の長引く咳の原因になります。子供は鼻を上手くかめないため鼻水が喉に垂れていき、咳を誘発します。夜になると痰がからむ咳が目立つ場合はぜんそく以外に鼻水による咳が疑われます。

お子さまが鼻水を出している時は積極的に鼻の吸引をしてあげることで鼻づまり、咳などの症状が楽になる上、中耳炎などへの移行のリスクも抑えられるので鼻水を吸ってあげるようにしてください。
当院でも鼻水の吸引を行っておりますがこまめに吸引することで子供が楽になるため、保護者の方の通院の負担を考え、ご自宅でも吸引をしていただくことをお勧めしております。

鼻水を頻繁に出している子供は風邪以外にアレルギー症状として鼻水が出ているケースが良くあります。最近では幼小児の花粉症患者さんもめずらしくなくなりました。
アレルギーがある場合はアレルギーの原因(アレルゲン)を調べて日常生活からアレルゲンを取り除くことでずいぶんと楽に過ごせるようになるのですが、子供の場合注射器や採血を怖がってしまってなかなか調べられないことが多いように感じます。
当院では調べられるアレルゲンは限られるものの、注射器を使わず指先からの採血ですぐに結果がわかる検査も導入しておりますので、お子様が年に何回も鼻水を出している場合はご相談ください。

注射器を使わず指先からの採血で当日に結果がわかる検査について
→ 詳しくはこちら

予約はこちらから