長崎駅から徒歩4分の耳鼻科、コムロ耳鼻咽喉科クリニック。初診の方でもご予約いただけます。

めまい

めまい

めまいが起こると立っていられなくなったり、気持ち悪くなったりして大変不安になると思います。また、命にかかわる重大な病気になったのではないかと心配になると思います。ろれつが回らない、手足がしびれる、手足の麻痺がでるなどの脳神経障害がなければ、重大な障害につながることはありませんので、めまいが起きても慌てず、楽な姿勢を取ってしばらく安静にするようにしてください。
一言にめまいといってもその症状や原因にはいくつかのパターンがあります。
ご自身のめまいがどのような原因で起きているのかを理解し、めまいの予防法や対処法を身につけましょう。

めまいの種類

めまいは大きく中枢性のめまい、末梢性のめまい、全身性のめまいに分かれます。
中枢性(脳)のめまいの特徴は、体のバランス維持の障害と同時に体の運動や感覚の障害を伴っている点です。例えばろれつが回らない、飲み込もうとするとむせてしまう、四肢に力が入らない、体を触っても感覚がおかしいなどの症状が出現します。
末梢性(耳)のめまいの特徴は、比較的強いめまいが出現します。難聴や悪心・嘔吐を伴うことはありますが、脳神経障害を伴うことはありません。一般的に回転性のめまいは末梢性めまいの特徴と言われますが、人それぞれ感じ方は違うので、ふらふら感や浮遊感と感じる方もいます。
全身性のめまいは、うつ状態、低血圧、貧血、加齢に伴う全身の筋力低下などにともなって出現するために、特徴的な症状はありません。

めまいの診断

当院で行う検査は、耳・鼻・喉の一般診察に加えて、聴力検査、注視眼振、頭位眼振、頭位変換眼振、重心動揺計検査などを行って診断を進めます。
中枢性のめまいが疑われる場合は、脳神経外科・神経内科へ紹介いたします。また、全身性のめまいもそれぞれ適した病院を紹介いたします。

めまいの治療

めまいの治療は原因となる疾患によって異なりますが、お薬による治療や理学療法による治療などを行います。
めまい治療に使われる薬は、抗めまい薬や、吐き気止め、浸透圧利尿剤、ステロイド剤、ビタミン剤などです。症状や原因によってお一人お一人に合ったお薬を処方します。
理学療法は、主に良性発作性頭位めまいの治療の際に行われます。

日常生活での注意点

冒頭でもお伝えしましたが、めまい自体が重大な障害につながることはそれほど多くありませんので、めまいが起きた時はパニックにならず、落ち着て楽な体勢を取り、安静にしてめまいが治まるのを待ちましょう。めまいが落ち着いてから早期に医療機関を受診し治療を受けてください。
めまいがある程度落ち着いてからは、安静にしすぎるとかえって治りが悪くなる場合もありますので、安静の指示がなくなったら積極的に体を動かすようにしてください。

めまいの原因

めまいの原因は現在でも完全に解明されてはいません。
しかし、原因となる疾患によっては治療法や、対処法が確立されていますので、まずは医療機関を受診し、医師の診断を受けることが重要です。
末梢性のめまいの原因となる疾患は下記のようなものがあります。
・良性発作性頭位めまい
・メニエール病
・前庭神経炎
・めまいを伴う突発性難聴
・外リンパ瘻
・中耳炎によるめまい
・ハント症候群

PAGETOP
Copyright © コムロ耳鼻咽喉科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.